【感想/教育】『お金のこと、子どもにきちんと教えられますか?』お金の管理ができない大人も読むべき一冊

お金の管理ができないことは、僕にとって悩みの一つ。

そして、もし今後子どもを授かる機会あったとして、今の状況(お金の管理ができない)で、まともに子どもを育てることなんてできるのだろうか?子どもにちゃんとお金のことを教えてあげられるだろうか?と思い、今回この『お金のこと、子どもにきちんと教えられますか?』を読もうと思いました。

正直な話、お金の管理が苦手な僕にとっては、かなり勉強になる内容でした。子育てする親御さん向けというよりも、お金の管理が苦手な人向けに書いているんじゃない?と思うくらい(笑)

もちろん、子どもを持つ親御さんにも読んで欲しい内容ではありますが、大人になってもお金の管理ができない、もしくは苦手な人は、ぜひ一度読んでみてはいかがでしょうか?

本の内容

では、まず本の内容について。

クレジットカード、ポイントカードに電子マネー…目に見えないお金の動きで、子どものお金感覚がどんどんおかしくなっている! 無駄遣いしない子、おねだりする子ではなく、自分で手に入れる方法を考える子を育てるために。 山口、博多、広島、福井、名古屋、東京、大阪、神戸…全国各地で主催する人気講座「お金の管理ができる子の育て方」をもとに書籍化。子どもの金銭感覚をきちんと養いたいと思うお母さん必見の一冊です。

(引用 Amazon『お金のこと、子どもにきちんと教えられますか?』)

お金のあり方が変わってきている昨今。ATMに行けばお金が出てくると思う子どもがいたり、クレジットカードがあれば何でも買えると思っている子どももいますよね。

でも、実際には残高がないとATMからは引き出せないし、支払えることを前提にしかクレジットカードは使えない。もちろんクレジットカードは使えるけど、あとで苦しんでしまうことは明白。

お金の感覚が、僕たち大人とは少々異なる子どもにお金についてどうやって教えるべきなのか?お金の価値について、お金の稼ぎ方について、お金の使い方について、子どもが大人になってからお金に困らないためにはどうすればいいのか?についてまとめたのが、この『お金のこと、子どもにきちんと教えられますか?』です。

感想

かなり勉強になりました。

僕自身、この本に出てくる悪い例?の子どものようなお金の使い方をしているので、正直かなり勉強になりました。「あぁーこうやってお金って使えば良いのかー管理すれば良いのかー」ってことが学べて本当に良かったです。

ただ、一方で実際に僕がお金を管理できるようになるまでには、少々努力しないとなーと思わされました。

もちろん、完璧になんてお金の管理をできるようになれるなんて思っていませんが、恥ずかしくない程度になるまでにも少々時間はかかるなーと。でも、それくらい時間かけないとできるようにはならないんだろうというのも、正直なところで、これまで真剣に考えてこなかった僕が悪いわけです(笑)

と、お金の管理が苦手な一目線でも読んだんですが、将来親になったとき目線で読んだときに思ったのは、「子どもに何かを身につけさせるのって大変」ということです。それは金銭的に負担が大きい小さいというよりも、子育てに真摯に向き合うならば、時間もかかるし、精神的にも大変だということです。

これはお金の管理に関わらずそうだと思います。人間関係にしても、一人暮らしにしても、勉強にしても、恋愛にしても何でもそうだと思います。

子どもって基本的に自由な存在だと思っています。何をしても許されるし、失敗しても親が尻拭いをしてくれる。病気になっても親が病院につれていってくれるし、欲しいものがあっても親が買ってくれる。

だからこそ、そういう自由の許される子どもに対して真剣に向き合えるかが大事だと思いました。大人になれば、誰も尻拭いしてくれないですし、欲しいものも自分で稼いで自分で買わなきゃいけません。そういったときに困らない大人になるためには、子どもが小さい頃から大人が真剣に教えないといけません。そのためには根気も体力も必要です。

でも、頑になってはいけないんですよね。頑になれば子どもも辛いし、その子どもを見ている大人も辛い。そうならないためにも、子どもを無理矢理大人の世界に引きずり込むのではなくて、子どもが大人になったときに困らない程度に、子どもに接しないといけない。

そう考えると子育て、ひいては子どもと向き合うって難しいなーと思いました。そういう点ではこの本を通して、子どもと接するための心構えを学べてよかったと思います。

こんな人に読んで欲しい

子育てをしている人にはもちろん読んで欲しいです。特に幼稚園、保育園、小学校くらいの子どもを持つ親御さんには特にですね。

その一方で、結婚していない大学生や社会人の人にも読んで欲しいなーと思います。特に、お金の管理が苦手な人。たぶんですが、お金の管理が苦手なまま結婚したり、子どもを授かると後で困るのは、自分だけじゃなくて家族も困ります。

結婚してからもお金のことで困らないためにも、今のうちにこういった本でお金のことについて学んでおくと言い思います。

あとがき

お金の管理って難しい…とあらためて感じました。

でも、ちゃんとやらないとなーとも感じました。

これからの時代は、給料もさほど上がらない、年金がもらえるとは限らない(多分もらえない)です。だからこそ、お金をどう管理するかで生活の質って変わってくるんじゃないかともいます。何にお金を使うのか?どう貯めるのか?何で貯めるのか?などちゃんとお金と向き合って、お金と付き合っていかなきゃいけないなーと感じました。

もし、今お金のことで困っているなら、ぜひ一度この本を読んでみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA