【感想/仕事】『99%の人がしていない たった1%のリーダーのコツ』あるべきリーダーの姿とは?この本から学ぶべきことは?

誰でもリーダーになれる!
リーダーはただの「役割」。
偉ぶる必要も、余計なプレッシャーを感じる必要もありません。
今すぐ使える、リーダーとして成功するヒント、教えます。

(引用 『99%の人がしていない たった1%のリーダーのコツ』見開き)

こう語るのは、デロイト トーマツ コンサルティング シニアマネジャーであり、複数社の人事制度やコミュニケーションの改革、人材育成や組織行動改革などを推進する、河野英太郎氏。

リーダーというと、どうしても率先してチームを率いないといけない、責任が重たそう、ミスが許されないなど少々難しそうに感じますよね。でも、この本ではリーダーはあくまで「役割」であると説いています。チームにいろいろな役割がある中での、一つの役割。決して難しいことではないと著者は言います。

僕はこの本を通して、リーダーに対する考え方が少し変わりました。そして、この方法であればリーダーが務まるのではないかと思いました。それでは拙いですが、感想を書いてみようと思います。

本の内容について

まずは、本の内容について

リーダーに求められる能力は、決して特別なものではありません。

たとえば上記を解決するのに必要なのは、実は「コツ」かもしれません。
「コツ」とはスポーツでいえば「フォーム」や「型」のようなもの。
まずはこれを身につけ、愚直に実践、継続すれば、どんな人でもリーダーになることができるとともに、これが成功する最短の道かもしれません。

このコツを知っているか知らないかは、あなたのパフォーマンスをとても大きく左右します。
実は99%の人がしていない、でも効果絶大なリーダーのコツ。
それを本書はご紹介していきます。

(引用 Amazon『99%の人がしていない たった1%のリーダーのコツ』)

という感じ。

冒頭では、リーダーについての世間的な勘違いをこのように書かれています。

リーダー:変化を見極め組織の向かうべきビジョンを掲げ、関係者を動機づけ、ビジョンに向かわせる人。 マネジャー:決められた目標に向けて組織を管理し、目標を達成させる人。 (引用 『99%の人がしていない たった1%のリーダーのコツ』4頁)

リーダーになりたくないという人が増える現代。でも、多くの人が勘違いしているの、リーダーとマネジャーの違いなんだと著者は言います。

もちろん、リーダーとマネジャーに求められる能力がかぶっているケースが多々ありますが、この本はリーダーの役割、能力にフォーカスを当てた内容になっています。リーダーは才能やセンスではなく、コツ、つまり努力でどうにかなるものだと。

感想と振り返り

読み終えて感じたのは、リーダーって努力すればどうにかなるものだとは思うけど、かなり難しい役割だよねってことです。コツをつかむのにも、ある程度才能やセンスは必要なんじゃないかって僕は思います。

たとえば、リーダーの仕事について本書ではこのように書かれています。

いかに自分より優れた人に働きやすい環境を提供するかが、リーダーの仕事であるとすらいえるのです。

(引用 『99%の人がしていない たった1%のリーダーのコツ』21頁)

リーダーの仕事は何か、という問いを極めると、「決める」こと、そしてその結果を「伝える」ことの二つだと思います。

(引用 『99%の人がしていない たった1%のリーダーのコツ』94頁)

まぁリーダーの仕事としては納得です。でも、これを「はい!今からやってください!」と言われてできる人がどのくらいいるのか?少々疑問です。

正直言って働きやすい環境を提供するって結構難しいですよね。そもそも環境ってなんぞや?ってことが人によって違いますし、働きやすさも人によってまちまちです。

もちろん、結果を伝えることはそれほど難しくないのかもしれないですが、決めるのは少々難しかったりもしますよね。それができないから困っているわけで…と。

まぁ何をやるにしてもはじめてのことは難しいのは百も承知。なので、こういったこともリーダーになったら少しずつ経験して身につけましょうねってことのなのかもしれません。

この点については納得はしつつも、どこかしっくりこないという感覚を得ました。

もちろん、内容的に納得することもいくつかありました。たとえば、

「相談をもちかけることについては、あのリーダーは責めない」とわかると、メンバーはあなたに相談をしやすくなります。

(引用 『99%の人がしていない たった1%のリーダーのコツ』76頁)

自分の価値観で考えない

(引用 『99%の人がしていない たった1%のリーダーのコツ』158頁)

暇を演じていると、実際に気持ちや時間に余裕が出てくるから不思議です。

(引用 『99%の人がしていない たった1%のリーダーのコツ』179頁)

この辺の内容については、リーダー的な要素もありますが、一人の人間として大事な部分なのではないかとも思い、共感できる、納得できる部分でした。

特に「自分の価値観で考えない」って結構大事です。

というのも、多くの人は自分の価値観で考え、自分の価値基準で人を判断しているからです。もちろん僕も。だからこそ、あえてそこは自分の価値観を一度取り払うことで、人から信頼されやすかったり、新しい考えを受け入れることができるようになるのではないかと思います。

言うのは簡単ですが、実際に自分の価値観で考えないってかなり難しいと思います。

でも、相手が何か言っているとき、やっているときに、自分を抑えて「こんな価値観もあるのか!」と関心して見ていると、意外と他の人の価値観を受け入れることはできたりします。

また、「暇を演じる」ってことも難しいけど、大切。日本人って忙しそうにしていますよね。何か頼まれて断る理由が「忙しい」これって結構ヤバイ状態です。ヤバイというのは精神的に追い込まれているってこと。それが極まってくるとうつ病などの精神病になってしまうわけです。

そうならないためにもあえて「暇を演じてみる」「暇そうにしてみる」というのはいい手なのかもしれません。演じていると、そうなってくることってよくあります。恋をすれば人が変わるように、暇を演じればそうなるのかもしれません。やってみる価値はあります。

この本を読んだからといってリーダーになる必要もなければ、リーダーとしてすべて実践しなければならないこともありません。ここに書かれていることで、実践できそうなこと、実践してみようと思ったことだけ実践すれば良いのではないかと思います。

あとがき

『99%の人がしていない たった1%のリーダーのコツ』の感想を書いてきました。

この本を呼んだからと言って誰もがリーダーになれるとは思いません。ですが、この本にかかれていることを実践すれば、リーダーになれなくても、仕事がスムーズにできるようになったり、仕事で信頼を得ることはできるのではないかと思います。

みんながみんなリーダーになる必要はありません。でも、みんなが自分らしく働ける必要はあると思います。そのためにはこういった本から何か吸収して、実践してみるのも悪くないと思います。