【感想/教育】『中学受験をしようかなと思ったら読むマンガ』私立中学に行くだけが受験ではないことを教えてくれた

『中学受験をしようかなと思ったら読むマンガ』を読みました。少し前にドラマ『下克上受験』を観て、中学受験について少し気になっていたときに、レビュープラスでこの本を見つけたので、早速登録し、本を頂けることになりました!

僕自身、中学受験とはほど遠い人生を送ってきたので、「実際の中学受験の事情ってどうなんだろう?」「やっぱり辛いのかな?」みたいな安易なイメージしかなかっただけに、この本では衝撃的なことが多かったです。

漫画仕立てなので、読みやすいですし、中学受験をするしないに関わらず、読んでおいて損はない本だと思います。小学生の子どもを持つ親御さん、中学受験について知りたい人は、ぜひ一度読んでみてはいかがでしょうか?

ということで、簡単ではありますが感想を書いてみようと思います。

本の内容

内容はこんな感じです。

「ウチの子、中学受験させようかな」「まず何をしたらいいの」「受験当日はどういう雰囲気なのだろう」―-。わが子を中学受験させるか迷ったとき、受験までの生活や受験当日、合格発表の瞬間を「体験」できる漫画ムックです。漫画家・高瀬志帆さんによる中学受験のシミュレーション漫画を中心に、人気の公立中高一貫の校長インタビューなども盛り込みます。

漫画は、4つの家庭の中学受験への挑戦を描いています。「私立中」「公立中高一貫」「名門女子中」を目指す家庭、そしてある理由により「受験をやめた」家庭―-。塾選びから、勉強をめぐる親子ゲンカ、小6の夏休み、受験直前、受験当日、合格発表などの様子を、涙あり笑いありで紹介します。
さらに、日経DUALがこれまで独自取材してきた小石川・桜修館など人気公立中高一貫の校長インタビューや、中学受験ノウハウなどを再編集して盛り込みました。小学校低学年から高学年のご家庭にピッタリです

≪主な内容≫

●高瀬志帆さんによる「中学受験漫画」小4~合格発表まで4つの家庭を体験
 ・勉強も運動も中の上、6年夏までなかなかエンジンがかからないコウタ(山吹家)
 ・おとなしい性格で真面目にコツコツやる綾香(白田家)
 ・2年生から塾に通うが、本当はバレエを続けたい舞(青山家)
 ・本と理科が大好き、我慢強く思慮深い亮介(赤城家)

(引用 Amazon『中学受験をしようかなと思ったら読むマンガ (日経BPムック 日経DUALの本)』)

タイトルでは「中学受験をしようかなと思ったら…」となっていますが、読み終えて思うのは、別に中学受験をするしないに関係なく、子育ての一環として読んでみる価値が内容ではないかと思います。

感想

とりあえず、僕には新鮮なことばかりで面白かったです。

僕は、中学受験ってお金持ちの子どもがやることだとずっと思っていて、自分とは無関係で、公立の学校で普通にやっていけばいいやーと思っていました。そして、何で小学生なのにあんなに勉強ばかりして、辛い思いをしないといけないんだろうとずっと疑問に感じていました。

でも、この『中学受験をしようかなと思ったら読むマンガ』を読む中で、中学受験ってたしかに辛いけど、それでもやってみる価値があるのかもしれないと思えました。というのも、受験だからといってただ勉強をすればいいだけではないからです。

もちろん、勉強は必要です。学力が物を言うのが受験なので、勉強は必須です。でも、それ以前に親子の信頼関係がなくてはいけないですし、夫婦の信頼関係もなくてはならないんですよね。

勉強はしているのに成績が上がらない子どもに対して、親はどう接するべきなのか?怒るべきなのか?励ますべきなのか?というのは、親子で信頼関係がなっていないとできません。また、夫婦間でも女性だけが力をいれていて一人で何でもやるのではなく、男性も協力することが必要なんですよね。もちろん逆もしかりですが。

もちろん、志望校に合格することは大切なことですし、それに勝る喜びはありません。

ですが、中学受験で得られるものは、志望校の合格だけじゃないんだということを、この本から教えられました。

それは受験を通して、家族が成長するということです。もちろん、上手くいかずに家族が崩壊してしまうようなこともあるのかもしれません。そういうことにはならず、受験を通して成長するためには、受験に対して家族が同じベクトルを持つ必要があるんだろうと思います。

中学受験って、ただの受験だと思っていたんですが、ちゃんと向き合い、家族で協力して乗り越えることができるのであれば、一度は(一度しかできないけどw)体験してもいいかもなーと思いました。まぁまずは家族を作ることからですけどね(笑)

受験を考えていなくても読むべき

タイトルから考えると、中学受験をしようと思っている人向けではあるんですが、個人的には小学生の子どもを持つ親御さんにはぜひ読んで欲しい一冊です。

というのも、この本の中に書かれていることは、決して受験に関係することだけじゃないからです。

子どもがやりたいことと、親が子どもにやって欲しいことのズレから生じるわだかまり。のんびりしてる子どもと、成績が上がらないことに焦る親。知らないうちに成長している子どもに驚く母。

など、中学受験に関係ない話も結構盛り込まれています。

中学受験をするしないは正直家庭もこともありますし、人それぞれで良いと思います。でも、子育ては子どもがいるなら、家庭の事情は関係ありません。一人の小学生の親として、子どもとどう接するべきかを考える良いきっかけにもなるので、ぜひ一度手に取ってみてください。

あとがき

ドラマ『下克上受験』も、今回読んだ『中学受験をしようかなと思ったら読むマンガ』もそうですが、中学受験ってかなりハードルが下がってきたなーと思います。レベル的なハードルではなくて、金銭的なことや家庭的な部分でハードルが下がってきた印象がありますよね。

少し前なら、お金持ちの子どもか、劣等感バリバリの親がいる家庭(笑)くらいが中学受験している印象だったので、こういう本を読んでも、時代は変わったなーと思います。もちろん良い意味で。

これからの時代、与えられたことをこなしていけば生きていけるわけではないことは明白で、そういった意味では型にはまらない人にするための一つの手段として、中学受験は考えても良いのかなーと思います。

中学受験に限らず、子どもにはやりたいことをやらせたいですし、お金や時間的猶予、大人の事情で子どもの将来を遮ることだけはしたくないですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA