【感想/自己啓発】『嫌われる勇気 自己啓発の源流「アドラー」の教え』これをやれと言われてもたぶんできない

数年前からずっと気になっていた『嫌われる勇気』をようやく読むことができました。

読み終えた雑感としては、言いたいことはよくわかるが、それって本当に可能?って感じです。アドラーが考えることは本当にわかりやすく、腑に落ちてくれます。「は?」ってなることはあまりなかったんですが、よくよく考えるとそれってむずかしいよねって思うばかりでした。

ということで、少し備忘録も込めて書き留めておこうと思います。

本の内容

「あの人」の期待を満たすために生きてはいけない――
【対人関係の悩み、人生の悩みを100%消し去る〝勇気〟の対話篇】

世界的にはフロイト、ユングと並ぶ心理学界の三大巨匠とされながら、日本国内では無名に近い存在のアルフレッド・アドラー。
「トラウマ」の存在を否定したうえで、「人間の悩みは、すべて対人関係の悩みである」と断言し、
対人関係を改善していくための具体的な方策を提示していくアドラー心理学は、
現代の日本にこそ必要な思想だと思われます。

本書では平易かつドラマチックにアドラーの教えを伝えるため、
哲学者と青年の対話篇形式によってその思想を解き明かしていきます。
著者は日本におけるアドラー心理学の第一人者(日本アドラー心理学会顧問)で、アドラーの著作も多数翻訳している岸見一郎氏と、
臨場感あふれるインタビュー原稿を得意とするライターの古賀史健氏。
対人関係に悩み、人生に悩むすべての人に贈る、「まったくあたらしい古典」です。

(引用 Amazon「嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え 」より

上記にもありますが、アドラーは「人間の悩みは、すべて対人関係の悩みである」としています。それは劣等感にしても、トラウマにしても、何かに対する言い訳にしても、すべて他の誰かを引き合いに出してしまうがために生じる問題だとしています。自分の解決するべき課題と、誰かが解決するべき課題をごちゃごちゃにしているから、目の前の一歩が踏み出せないと。

そして、その一歩を踏み出す為には、自分を受け入れ、他者を信頼し、他者に貢献することが大切だと説いています。自分を肯定するのではなく、ありのままの自分を受け入れること、そして、他者を無条件に信じること。最後に、誰かに対して貢献することで、自分はここにいて良いんだと思うことが大切だと。

内容に関する感想

率直に「これができたら世界は平和だろうな」と思いました。でも、実際行動に移すとなると、かなり困難だろうし、到達する前に違う考え方に乗り変えそうだなと思いました。

アドラーは「生きていく上での悩みの原因は、すべて対人関係にある」としていますが、ここでいう対人とは、他者だけではなく、自分という人間も含まれているんじゃないかと思います。というのも、解決する為には「自己受容」が必要だとするならば、自分が自分に対して抱いている価値観や固定観念に関しても解決しなければならないからです。

自己受容と簡単に言いますが、自分を受け入れることは、他人を受け入れる以上に難しいことです。これまでの上手くいった経験であれば、納得も、理解も、受け入れることもできます。ですが、上手くいかなかった経験を受け入れられるほど人間は楽観的ではありません。

人がなぜ宗教など、自分とは別のものに信仰心を抱くのかと考えると、自分が自分を受け入れられなくても、神が自分のことを受け入れてくれていると思うからだと思います。つまり、未知の存在に、自分を受け入れてもらえることができることで、自分は生きていて良いんだ、これでいいんだと納得できるからです。

それほど自分を受け入れることは難しいです。言葉で「ありのままの自分を受け入れる」と言っても、心ができるかは別の問題です。

こうやって今一度考えてみると、アドラーが提唱していることの難しさを改めて感じます。たしかにアドラーが言っていることを実践すれば、幸せになることができるのかもしれません。ですが、幸せになる以前に、どこかで頭が、心がおかしくなるんじゃないかとも思います。

人間深く考え過ぎると意外と足が動かなくなるものです。でも、軽快過ぎても周りからは煙たがられる。人間関係とは、簡単そうで意外と難しい。だから、悩んでも良いんじゃないかって思います。

悩むことをアドラーは嫌ったのかもしれませんが、僕は悩んでいいと思うし、悩んで行動できなくても良いんじゃないかって思います。ただ、あーだこーだと考えすぎず、適度に考え、適当に行動してみることが大切なんじゃないかと思いますね。

本自体に対しての感想

対話形式で読みやすくした感はたしかにあります。でも、返って読みにくくもなっているなーとも感じます。それは、背景が浮かんでこないからです。

人がただ話しているといっても、実際には動きもありますし、感情だって動きます。だからなのか、対話形式だとイメージができずに淡々と進んだので、あまり頭に入ってきませんでした。

もう少し、背景を加えてみたり、感情を書いてみたりすればよかったのかなーと思います。もしドラみたいに小説風でもよかったでしょうし、漫画でわかるみたいな漫画と解説を組み合わせてもよかったのかなーと。

あとがき

なんかまとまらなかったです。

アドラーが言いたいことはよくわかるし、何をすれば良いのかもなんとなくわかります。でも、それってめちゃくちゃ難しいし、一人でやるには少々苦痛ではないのか?と思いました。

また、アドラーってこれ実践したの?と問いただしたくなりました(笑)それくらい奥が深い思想、学問なんだろうと思いますね。

今度は学問的にアドラー心理学を学んでみたいなーと思う次第でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA