【感想/小説】『最後の医者は桜を見上げて君を想う』死を目の前にしたとき、あなたはどんな人生を選びますか?

僕は、あんまりあらすじを読んで本を買わないんですが、この本はあらすじを読んで買おうと、読もうと思わされました。

「余命半年」

この言葉を聞いたときに、「自分ならどう応えるだろう?」その答えを得るために、追い求めるかのごとく、作品にぐいぐい引き込まれていきました。

もちろん、この本でその答えが得られるわけではありません。でも、この小説を通して、もし今後余命宣告をされたときにどう考えるべきなのか?のヒントを得た気がします。

『最後の医者は桜を見上げて君を想う』あらすじ

ではまず、あらすじを。

あなたの余命は半年です――ある病院で、医者・桐子は患者にそう告げた。死神と呼ばれる彼は、「死」を受け入れ、残りの日々を大切に生きる道もあると説く。だが、副院長・福原は奇跡を信じ最後まで「生」を諦めない。対立する二人が限られた時間の中で挑む戦いの結末とは? 究極の選択を前に、患者たちは何を決断できるのか? それぞれの生き様を通して描かれる、眩いほどの人生の光。息を呑む衝撃と感動の医療ドラマ誕生!

(引用 『最後の医者は桜を見上げて君を想う』裏表紙)

本編は、「とある会社員の死」「とある大学生の死」「とある医者の死」の三つのストーリーからできています。目次を見たときには、短編小説が三つあるようにも感じますが、三つの話はすべて関係しています。

どの話もストーリーの軸は、患者の死に対して延命が大事なのか?それとも死を受け入れることが大事なのか?

長く生きること、つまり延命することが何よりも大事だと考える副院長と、無駄な延命ではなくよく生きることが何よりも大事だと考える桐子。最後に、二人に突きつけられる一人の死は、二人の考え方にどんな影響を与えるのか…?決別しかけた二人の間柄は、どうなっていくのか…?

感想

小説ながら深く、考えさせられる内容でした。

長く生きることが普通になった時代、死を遠ざけつつある今だからこそ、死に対してどうあるべきか?を考えさせられました。

小説に出てくる三人の患者の死因は、珍しい状況だと思います。白血病、ALS(筋萎縮性側索硬化症)、下咽頭癌(いんとうがん)と、聞いたことはあっても実際に目にすることは少ない病だと思います。

ただ、病気そのものが軸ではなく、それらからもたらされる死に、患者がどう向き合うのか?が軸なのが、この小説の肝であり、面白いところなんですよね。

「長く生きたい」と思うのは誰しも同じだろうと思います。それが結婚したばかり、奥さんが妊娠中、念願の大学に入学したばかり、「これからだ!」と仕事に意気込んだばかりの時期だとなおさら。

でも、病気はその思いを打ち砕くんですよね。もちろん、それに抗うことはできます。それが医療というものです。現代では多くの病気の治療が可能になりましたし、早期発見できれば負担もかなり軽減できます。でも、そんな医療にも限界はあります。

もし、その限界を見せつけられたときに、患者は、人はどうするんだろう?ということを上手くテーマにしているように感じました。

延命というのは、正直なところ周りのエゴなんですよね。残された家族や恋人、友人、同僚がする選択肢。つまり、患者本人の意思はあまり重視されません。辛い治療だろうが、辛い生活だろうが、生きていて欲しいと願うのが、残された人たちの想い。

なら、患者本人はどうなんだろう?というのが本編の軸。

たしかに、最初は延命したい、どれだけ低い可能性であってもその可能性に賭け、望みを繋ぎたいと思うもの。でも、徐々に治療の精神的辛さや体力的辛さを味わい考え方が変わるんですよね。「よく生きたい」と。

でも、実際に死を選択するのってかなり怖くて、踏み切れないんですよね。「これをすれば少しでも長く生きられる」とわかっているからこそ、その選択肢を捨てることが難しい。

少しの生にしがみつくことが正しいのか?それとも少しでもよく生きるために死を選択するのが正しいのか?どちらが正しいのか僕にはわかりません。もしかしたら他の選択肢があるのかもしれません。

でも、この小説を通して、死に対しての考え方が少し変わったことは事実です。非常に奥深く、かつ面白い作品でした。

もし、今余命を宣告されたなら…

この小説を読みながら、今もし自分が余命宣告されたなら…?ってことをずっと考えていました。

どんな病気かはさておいて、もし余命を宣告されたなら。と。

まぁ余命の年月にもよるでしょうけど、僕なら死を受け入れるかなーと思います。周りは、特に彼女は反対するでしょうけど、僕はこれ以上体を傷付けたくないので、安らかな死を迎えたいなーと思っています。

延命治療をすれば、もしかしたらその先に最先端医療で解決できる術が出てくるかもしれませんが、それまでどれだけ苦痛を味わわないといけないのだろうか?どれだけ金銭的負担、精神的負担、体力的負担を味わわないといけないのだろうか?と考えると、正直ゾッとするんですよね。

僕は余命ってある意味寿命だと思っていて、そこで死を受け入れる運命になっているもんだと思っているんですよ。それに抗うこともできるけど、それにはそれ相応の苦痛が伴うって感じだと思っているんです。

だから、そこはただただ受け入れようかなと。

まぁこんなこと書いてますが、実際にそのときになったら意思なんてぐらぐらになるんだろうなーと思っています(笑)

あとがき

『最後の医者は桜を見上げて君を想う』のあらすじや感想を書いてきました。

こういう何か普段考えないようなことを考えさせてくれる小説っていいですよね。それも身近で、遠ざけつつあるものについては。

死ぬって一生で一回しか経験することがないので、普段は考えないんですよね。なので、こういう機会にじっくりを向き合って、考えられるっていいことだなーと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA