【感想/小説】『掟上今日子の挑戦状』は、犯人と掟上今日子の駆け引きが面白かった!

掟上今日子シリーズの第三弾「掟上今日子の挑戦状」を読みました!

ということで、早速あらすじや感想を書いていこうと思います!

関連記事:【感想/小説】『掟上今日子の備忘録』は読みやすいけど、面白い本格派ミステリーだった。

関連記事:【感想/小説】『掟上今日子の推薦状』から学ぶ、記憶をなくすが故の人生の楽しみ方

簡単なあらすじ

掟上今日子のアリバイ証明

元競泳選手だった鯨井は、アリバイを作りたかった。アリバイさえあれば、事件の容疑者からは外れると思っていたからだ。

でも、家族や友人ではアリバイ証明として弱い。より強固なアリバイにするためには、第三者からの証言が必要だった。そのアリバイ証明に利用しようと思って声をかけた女性は、あろうことか寝たら記憶を失くしてしまう忘却探偵の掟上今日子だった。

そして、事件は起こる。鯨井のもとライバルであり、競泳の代表候補である字奈木が、自宅のお風呂で感電死しているところを鯨井は発見する。

第一発見者である鯨井に、警察と今日子は疑いを持つ。だが、鯨井には、記憶は失くしてしまったものの今日子と一緒にいたというアリバイがあった…。

アリバイを持つ鯨井と、彼に疑いを持つ今日子。果たして、今日子は字奈木の死の謎を解決できるのか?そして、なぜ鯨井はアリバイを作る必要があったのか…?

掟上今日子の密室講義

事件はとあるアパレルショップ、それもフィッティングルームの中で起こった。フィッティングルームというと試着室であるが、そこで死んでいた女性の死因は撲殺、凶器はハンガーだった。

そして、掟上今日子は、今回の事件を解決するためではなく、サポートするために呼ばれていた。突然現れた掟上今日子に、驚きを隠せない現場主任の遠浅警部。

本当の意味での初対面の二人は、このある種の密室殺人を解決することができるのか?

そして、今回今日子は忘却探偵である特権をどのように使うのか…?

掟上今日子の暗号表

犯人である結納坂仲人(ゆいのうざかなこうど)は、被害者・縁淵良寿(ふちぶちよしとし)が残した暗号・ダイイングメッセージの答えを求めていた。

そのメッセージが彼を犯人であると証拠づける可能性があるにしても、それでも尚彼はダイイングメッセージの答えを求めていた。

そのダイイングメッセージの答えを無視する警察と、それを解くべきだと主張する結納坂。しびれを切らした警察が取った行動は、探偵を呼ぶことだった。その探偵こそ、掟上今日子である。

今日子は、被害者からのダイイングメッセージの謎を解き、結納坂を犯人だと突き止めることはできるのか…?

感想

今回は、三つの事件と三人の刑事が登場する話でした。

今日子さんと初めての人もいれば、そうではないけど今日子さん的には「はじめました」の人もいました。

今作で面白かったのは、犯人がすでにわかっていると言う点でした。最初から犯人がこの人だと読者はわかってしまいます。ですが、そこに対して今日子さんはどのようにアプローチしていくのか?追いつめていくのか?を読んでいく面白さがありました。

答えがすでにわかっているのに、なぜ読んでしまうのか?ということをよく考えます。ドラマ「相棒」や「科捜研の女」などさまざまなミステリーやサスペンスがありますが、どの作品でも一度や二度はこの手法を使っています。

もちろん犯人がわからない話も面白いですが、個人的にはこの犯人がわかっている話が結構好きです。

では、なぜこの方が好きなのか?という問いに再び戻ると、おそらく僕は犯人がわかることに面白みを見出しているのではなく、むしろどうやって犯人を追いつめるのか?という方に面白さを見出しているからだと思います。

犯人がわかると聞くと、がっかりする方もいるかもしれませんが、むしろわかっているからこそ、犯人がつく嘘や犯人と探偵・警察との駆け引きの面白さが引き立つのではないかとも思うわけです。

掟上今日子の場合は、寝たら記憶がなくなるからこそ犯人への踏み込みが異常なところが面白いんですよね。警察の場合は、その後の調書や捜査のときに弊害がないように、また、その人の人生のことを考えてそれほど踏み込まなかったりすると思いますが、忘却探偵にはそんなこと関係ないんですよね(笑)

犯人との駆け引きが、忘却探偵ならではなのが今作の面白さだと思いますね。

記憶を操作できたらと思うことがある

掟上今日子の特徴は良くも悪くも、寝たら記憶を失うということです。

この「掟上今日子」シリーズを読む度に思うのは、すべての記憶を操作できなくても、ある程度操作できたらどれだけいいだろうか、ということです。

僕たちは、覚えたいと思っていることを覚えられなくて、どうでもいいことを覚えている。また、楽しいことよりも、辛いことを覚えていたりと、意外と面倒くさい記憶力を持っているとっています。

そういう意味で、嫌みを言われても、辛いことを経験しても、思い出したくないことを目の当たりにしても、寝れば忘れるというのはなんだか羨ましく思うわけです。

記憶の操作ができれば、意外と一歩の踏み出し方も違うんだろうなーと思ってしまいます。「どうせ、辛いことは忘れればいいんだし!」って感じで踏み出せますし、上手くいけばそれを記憶すれば良いだけですし。

まぁでも、結局そんな不完全で面倒くさい記憶があるから人間らしく生きられるのかなーとも思うわけですが…。

あとがき

改めて「掟上今日子の挑戦状」の面白さは、掟上今日子とすでにわかった犯人との駆け引きでしたね。

相棒の杉下右京と犯人の駆け引きも好きですが、個人的にはなんでもありで、女性だからこその踏み込み方ができる今日子さんの方が好きですね(笑)