【感想/小説】『億男(川村元気 著)』お金と幸せについてあなたはどんな答えを出す?

『億男』を読みました。

まぁタイトル通りお金の話でした。なんでこんなへんてこりんなタイトルの本を手に取ったのかは、過去の自分に聞いてみないとわからないですが、読み終えてこの本に出会えてよかったと思ったので、まぁ理由なんてどうでもいいです。

この本のテーマ、この小説のテーマっぽいのは『お金と幸せについて』なんですが、これって人間誰しも一度や二度は悩み、考えたことがあることだと思います。だからなのか、小説として読みながらも、どこか自分ならどうするだろう?という当事者意識をもって読むこともできました。

かなり読みやすく、かなり面白い話でした。

『億男』のあらすじ

「お金と幸せの答えを教えてあげよう」
宝くじで3億円を当てた図書館司書の一男。
浮かれる間もなく不安に襲われた一男は「お金と幸せの答え」を求めて
大富豪となった親友・九十九のもとを15年ぶりに訪ねる。
だがその直後、九十九が失踪した―――。
ソクラテス、ドストエフスキー、アダム・スミス、チャップリン、福沢諭吉、
ジョン・ロックフェラー、ドナルド・トランプ、ビル・ゲイツ……
数々の偉人たちの言葉をくぐり抜け、
一男の30日間にわたるお金の冒険が始まる。
人間にとってお金とは何か?
「億男」になった一男にとっての幸せとは何か?
九十九が抱える秘密と「お金と幸せの答え」とは?

(引用 Amazon『億男』)

お金があれば幸せになれるのか?もしくは、お金がなくても幸せなのか?というのは、人間誰しも抱える問いの一つ。そんな問いを主人公である一男も問われる。

借金を抱える一男にとって、宝くじがもたらす3億円は恵みではあるが、人生を狂わせるトリガーでもあった…。

一男自身が求めていた『本当の幸せとは?』お金だったのか?それとも…。

感想や考えてこと

どことなく『夢をかなえるゾウ』と雰囲気が似てる小説な感じがします。『夢をかなえるゾウ』も比較的読みやすい内容で、読みやすい文体ですが、この『億男』も同じ感じがします。読みやすい、でも、面白くて、考えさせられる。

借金という形でお金を失くし、家族を失くした一男が考えるお金の価値観と、一男の友人であり、億単位で稼ぎまくっている九十九(つくも)のお金に対する価値観が、上手くぶつかり合う様は読んでいて面白かったです。

九十九に限らず、九十九に関わった十和子、百瀬、千住の三人のお金に対する価値観も面白かった。人によって、立場によって、お金との関わり方によって、それぞれお金の価値観が違う。それはたしかに当然のことかもしれませんが、僕は当然とは思えなかったです。

というのも、お金ってみんなにとって同じモノ、同じ価値を持つモノだと思っていたからです。お金は、自分が時間や労力なんかを使って生み出した価値の分だけもらえて、自分が交換したいと思う価値のモノやサービスに対して対価として支払うモノだと思っていました。

でも、違った。

お金に対して、人それぞれ違った価値観を持っている。だから、収入も違えば、支払う対象も違うし、貯蓄額も違うんだと。実に面白い発見ができました。

よく稼いでいる人、億万長者の人は、「お金に愛される」なんて言い方をしますが、たぶんそういった人って、お金に愛されてるだけじゃなくて、お金を愛してもいるんだろうと思います。そして、お金を見せびらかさない。

これは、自分の家族、とりわけ奥さんや旦那さんにも同じことがいえるんじゃないかと思います。「自分はこんな凄い人と結婚したんだ!」「自分の旦那の親は凄い人なんだ!」的なことをいう家族ほど闇が深かったりするような感じです。

本当に幸せそうな人は、お金にしても家族にしても、もちろん他のことにしても見せびらかしたり、自慢したりはしませんよね。たぶんそれは自分の中の価値観としてそっと隠して持っているだろうと思います。

小説の最後で、お金と幸せの答えについて主人公の一男はたどり着きます。ただ、その答えは万人にとっての答えではないんですよね。その答えは、人間の数だけあるんですよね。もちろん、正解なんて大層なものはなくて、自分の中で「これでいいんだよな」くらいに思えることが、もっとも幸せなことなんじゃないんだろうかと思います。もちろん、それがお金である可能性もあるんじゃないかと思います。

僕にとっての幸せとはなんだろう?

この本を読みながら、「じゃあ、僕にとっての幸せってなんだろう?」「幸せを感じる瞬間ってなんだろう?」って何度も問いかけました。

僕としては、彼女と過ごす時間が一番の幸せなんだろうと思います。

遠距離恋愛をしていて、あまり会える時間もなく、LINEや電話でのやり取りが多い分、一緒にいられる時間は大切にしたい。そんな少ない時間でも、一緒にいられることは僕にとっては至福の一時なんですよね。

じゃあ、遠距離が終れば、幸せではなくなるのか?といわれれば、そうでもないと思います。

一緒にいられる時間が長い短いではなくて、彼女と一緒にいられることが僕にとっては幸せなんでしょう。けど、今はそれが少ないからこそ、その少ない時間が至福に感じられると言うだけの話で。

まぁ考えてみれば、僕にとって彼女の存在はそれだけ大きいと言うことなんだろうと思います。僕自身が、家族以外の誰かから好かれる、愛されるなんてことあるなんて思ってもいなかっただけに、彼女の存在はやはり大きいですし、それだけ大切なんだろうと。

あとがき

読み応えのある小説や、何か心にグサッと刺さる小説には、作家の哲学が込められているように感じています。一方で、読者への投げかけも必ずと言っていいほどあるように感じています。「あなたならどう思いますか?」「あなたの答えは?」と。

ようは考えさせられる。今回読んだ『億男』もなんど考えさせられたことか。主人公に自分を映すわけではなく、主人公の横に自分がいたならば何を助言しただろうか?どう助けただろうか?と問われているように感じました。自分が九十九なら?とも。

人間が生きていくためには、お金は欠かすことができません。ただ、お金の多い少ないでは幸せかどうか、充実しているかどうかは測れないのもまた事実なんですよね。生きていくためには、お金ではない、何かを欲していないといけない。それが何であるかが、自分の中で答えとしてあるならば、きっとその人は幸せだろうと思います。もちろん、その答えは、時期や状況によっても変わるかもしれません。でも、変わりながらも軸として何かが欲としてあるならば、その人は決して道を誤ったりしないじゃないかとも思いました。

この作品を通して、いろいろと考えさせられたのは良かったです。収入も状況も今とは違ったときに、またもう一度読んでみたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA