【感想/ビジネス書】『シンプル思考/人生の9割はPDCAでうまくいく』は、仕事に限らない様々な場面で使える思考法を教えてくれた

『シンプル思考/人生の9割はPDCAでうまくいく』というビジネス書を読みました。思考法的な本は最近ではあんまり読んでいなかったんですが、「シンプル」という言葉に魅かれ読んでみることにしました。

もっと堅苦しい内容の本なのかと思っていたんですが、しっかりとした理論、話の展開なのに、結構読みやすくて、理解しやすい本でした。

本の内容をざっくりと振り返る

業務改善や、マネジメント、マーケティングなどに使われるPDCAサイクルという思考方法について著者の実体験を元に、どのようにPDCA理論を使えば良いのか?なぜPDCA理論なのか?ということが書かれています。

もう少し詳しく書くと、

  • PDCA理論って実際にどこが優れてるの?
  • PDCAが仕事に限らず、プラベートにも活かせる!
  • その思考法って私にも合ってるの?合ってないの?
  • 自己実現、お金、人間関係、自己管理などの悩みに対して、どうやってPDCA理論を使って解決するのか?

ということが書かれています。

感想

めちゃくちゃ読みやすかったです。

読みやすいと言っても、いろいろありますが、内容が頭に入りやすい、すぐに使えるような内容で、かつ身近な悩みを使ってPDCA理論を説明しているのがよかったですね。

PDCA理論、PDCAサイクルって仕事などの堅い場面でしか使えないと思っていました。ですが、本書を通じて、恋愛や夢、悩み、病気の治療など、さまざまな場面でPDCA理論が使えることがわかりました。

そして、ただ目標を持って取り組むのではなくて、しっかりと計画立てて、行動する。そして、その行動の結果をしっかり分析することで、今の自分には何が足りてないのか?何をする必要があるのか?今後どうすればいいのか?ということをしっかりと考えないといけないんだと学びました。

受験にしても、仕事にしても、もちろんプライベートなことで、健康や貯金、自己実現、将来の夢など、人にはいろいろな目標や「こうなりたい!」という想いや、「ここを治したい、改善したい」と願いがあります。でも、その多くが叶わないまま、成し遂げられないままになっていると思います。

そんな叶わない夢や治したいのに治せないことを如何にして達成するのか?ということを、難しい理論や方法論ではなく、あくまでPDCAを使って解決しようとする姿勢が素晴らしかったです。いろんな思考法や行動論に手を出してしまいがちですが、こうやって一つの思考法でも応用すれば何にでも使えると思うと、なんか楽しくなりました。

こんな人に読んで欲しい

  • 何か達成したい目標がある人(受験、就職、自己実現、お金など)
  • 人生をもっと楽しみたい人
  • どの思考法を試しても上手くいかなかった人
  • もっとシンプルに考えたい人
  • ハードルが低いビジネス書を読みたい人
  • 今の生活から抜け出したい人

という感じですね。

この本は、他のビジネス書に比べるとかなりハードルが低いと思います。それは読みやすさもそうですが、身近な悩みをピックアップしていることで、「自分ならどうすればいいのか?」ということが考えやすい構成になっているからです。

いろんな思考法の本が世の中には出ていますが、どれも机上の空論だったり、「私には無理…」みたいなものばかりなので、そういう難しい本で挫折した人にはオススメですね

あとがき

僕もこの『シンプル思考』を実践しているんですが、最初は慣れないのでコツとか掴むのが難しいです。でも、これまでなら見直さなかった部分をしっかりと分析して、次に活かそうとするようになったのは、この本のおかげかなーなんて思ったりもします。

ただただ前を向いて突っ走ればいいわけではなく、ちゃんとその行動を振り返ることの重要性、そして、それを元にどうこうどうしていくか?をしっかりと考えるクセができたのは、この本を読んだからだと思います。