【感想/医療】『その「一錠」が脳をダメにする 薬剤師が教える 薬の害がわかる本』が教えてくれたこと、それは…

とりあえず、タイトルにドキッとしました。

というのも、僕はかれこれ10年くらい持病で薬を飲んでいたので、「もしかしたら、僕の脳はもう…(ダメになっているのかもしれない…)」って思ってしまったんですよ。

薬が決して良いものではないということは知りつつも、でも、飲まないと普通に暮らすことが困難なので、仕方なく飲んではいるんですが、このタイトルを見たときはさすがにドキッとしましたね…。

この本を読もうと思った理由

冒頭にも書いたんですが、タイトルにドキッとしたんですよね。「もう自分の脳はダメかもしれない…」と読む前から、根拠もなく落ち込んでいたんですが、実際どんなことが書いてあるのかやっぱり気になってしまったんですよね。

薬はできれば手放したいですが、今ではなくてはならないものになっていているからこそ、これからその薬とどうやって向き合っていこうかということも考えたかったので、落ち込んだ気持ちを振り払い「読もう!」と決意しました。

まずは雑感を

本の内容とか、各箇所の感想を書く前にさっと雑感を書こうと思います。

タイトルは若干煽っているんですが、内容はそうでもなくて、結構正論?というか、「薬なんてダメじゃん!」という感じではなくて、「薬を使う前にやることやってんの?」みたいな生活改善が主でした。

また、薬だけではなくて、健康診断、MRIやCTなどの検査、予防接種、サプリメント、生活日用品に至るまで幅広く展開されていたので、かなりためにはなりましたね。

本の内容

著者は薬剤師の宇田川久美子氏。

薬剤師だからこそ知る「薬の怖さ」や「薬の裏側」などを元に、医療や医学に頼ることの恐ろしさや、デメリットを考えない投薬や治療、予防などについて持論を展開しています。

病気になるということは、身体からのサインであって、薬でその症状を押さえ込むことが大切なのではなくて、まずは身体の声に耳を傾けることが大切であるとする考え方を軸に、睡眠不足ならまずは寝る、ストレス過剰ならストレスを発散させる努力をするなど、薬に頼る前にまずは生活を見直すというスタンスで話を展開しています。

また、薬だけにとどまらず、検査や検診、予防接種やサプリメント、生活日用品などまで幅広く話を展開し、日常に潜む薬物の恐ろしさや危険についても書かれていました。

個人的な感想

書かれていることが事実かどうか、僕には判断はできません。僕は薬剤師でもないですし、医学の裏側を見たこともないので何ともいえません。

ですが、安易に薬に手を出そうとすることの危険さについては同意しています。もちろん、僕は10年以上も薬を飲み続けていますし、自分で自分のことを危険だ!といっているのは百も承知ですが、安易に手を出すことは危険だと思います。

著書でも書かれていますが、体調が優れないときや病気にかかったときにまず必要なのは、自分の生活を見直すことです。どこかに不具合を感じるということは、生活の中で何か問題があるということです。それは睡眠不足かもしれないですし、食事の偏りや運動不足かもしれません。それを見直す前に、薬でなんとかするというのはかなり危険な行為です。薬でしか解決できなくなると、生活はどんどんあれますし、身体はどんどんぼろぼろになります。使えたはずの免疫機能も低下するでしょうし、次にまた病気になったときにより深刻になることもあります。

生活の中で改善できるところを改善して、それでもなんだか良くならないというときにこそ、薬は使うべきなんですよね。食事も改善しない、毎日暴飲暴食、間食しまくり、運動不足、寝るのは深夜遅くでは、薬を飲んでも余計に病気を悪化させるだけですよね…。

また、検査や検診に対する考えも、世間はかなり安易だと思っています。MRIやCTってたしかに凄い技術ですし、医学の発展を物語っていることは言うまでもありません。ですが、本当に必要は時以外に使い過ぎ感がハンパではありません。たしかに早期発見は大切かもしれませんが、そのために何度も何度も放射線を浴びるのはちょっとおかしな話です。

検査や検診が病気を生み出しているという話を聞いたことがあります。検査や検診それ自体はたしかに必要ですが、過度にすることで身体を傷付けているという意識は持つ必要があると思っています。

健康に生きていくため必要なのは、この著書にあるように、過度に医療に頼るのではなくて、まずは自分の生活を見直すということ。そして、最終手段として薬をはじめ医療に頼るということですね。

こんな人に読んで欲しい

一番読んで欲しいのは、子どもを持つ親御さんですね。子どもが病気になるってたしかに不安ですし、心配になるかもしれません。でも、そこで安易に薬を使うのって結構怖いんだってことを知識として持っておいて欲しいです。

この本を信じるか信じないかはさておいて、“とりあえず”薬とか病院ではなくて、まずはしっかりと休ませてあげること、そして精神的なストレスなどを抱えていないのかにちゃんと気を向けてあげることだと思います。これからの日本を担っていく存在だからこそ、若いときにちゃんと身体の休め方や病気との向き合い方を学んで欲しいと言う気持ちもあります。

あとは、大学生とか新社会人のように一人暮らしをはじめたり、新しい環境で体調を崩してしまいがちな方々ですね。そういう人ってどうしても体調を崩すと、まず病院、市販の薬、栄養剤みたいな選択肢になってしまうんですが、それよりもまずはゆっくり休むことをして欲しいです。まずはこの本を読んで、薬の怖さを知って欲しいですね。

さいごに

この著書も「薬がダメだ!」と言いたいわけではないでしょう。ただ、それ以前にやることあるよね?ってことを伝えたいんだと思います。

薬を飲む前に、まずは生活習慣を見直してみませんか?そして改善してみませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA